ハムより古い歴史「ソーセージ」その2 BistroGinsai系列【エルセロドス秋葉原店/ビストロ】

今回はエルセロドス秋葉原店でも使用している、ドイツより日本に伝わった「ソーセージ」の種類についてご紹介いたします。

・ウィンナー
~太さ20mm未満で羊腸を使用したもの(オーストリア・ウイーンに由来)

・フランクフルト
~太さ22mm以上36mm未満で豚腸を使用したもの(ドイツ・フランクフルトに由来)

・ボロニアソーセージ
~太さ36mm以上で牛腸を使用したもの(イタリア・ボローニャに由来)

「サラミ」もソーセージの一種であり、60-90日間乾燥熟成を行ったものを言う。近年では塩だけでなく様々なハーブやスパイスなどを混ぜたものも作られている。

豚肉にニンニクやパプリカなどの香辛料を入れて干して作る「チョリソー」もソーセージの仲間。スペインでは生のままで食べるだけでなく煮込み料理などの具材に使用したりスープに用いられる。

エルセロドスでは
・「イベリコ豚のチョリソー」をご用意しております。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsaI系列Elcerodos秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。